GOTOトラベル地域クーポン電子はSMS必須に変更、データ専用simスマホの私は

かぶとたいぞうです。

昨日の夕方。沖縄のとあるスーパーマーケットのレジ。いつものようにGOTOトラベル地域クーポン(電子)で支払いを済まそうと思って、スマホの地域クーポン画面を出し、金額を入れようと思ったら。

青ざめました。またはじめから予約番号などの必要項目を入力しなければならなくなっていたのです。いつもなら金額だけ入れればよかったのです。必要項目の入力は最初の一回だけでした。



いきなり使えなくなったGOTO地域クーポン

土曜日の夕方とあってレジは長蛇の列。私は後続の他の客に謝り、慌てて予約サイトから送られてきたメールをもう一度開いて、予約業者ID、予約番号、地域の順に入力し直しました。

ところが。

え?今度はSMSで本人認証?

いつもならこのあと金額を入力して、店に掲示されている2次元バーコードを読み取れば決済なのですが、どういうわけかSMS(ショートメッセージ)で本人確認をするので電話番号を入力するようにと表示されました。

「前回はそんなの無かっただろ!」

地域クーポン仕様変更:kabutotai.net

汗が出てきました。レジは長蛇の列です。みんな「何やってんだ」って顔でこっちを見ています。



GOTOトラベル地域クーポンに仕様変更か

私は店の人にも後続の客にも恐縮して何回も頭を下げながら腹を立てていました。誰に対して腹を立てていたのか。もちろん日本政府にです。

私のスマホではSMSは使えません。私のスマホに入っているsimはデータ専用のsimなのです。メールやインターネットは使えますが、電話はIP電話しか使えません。厳密に言えばsimは2枚刺しで1枚はタイのsimです。タイの方はSMSが使えますが日本で使うには手続きが必要です。SMSでの認証なんてNTT系列のサービスくらいしかやっていないので要らないと思っていました。

データ専用simの人は地域クーポンが使えなくなる?

booking.comでホテルを予約したときに、地域クーポンの使い方も事前によく読みました。その時もSMSでの本人確認など載っていませんでした。もしSMS必須だったら電子クーポンは避けていたと思います。

レジ担当の店員さんがレジに並んだ後続客を他のレジに誘導しました。店長らしき人が来て私に説明を求めました。

「落ち着け、落ち着け」

私は自分にそう言い聞かせて店長と話しました。



店長に事情を説明する

私は店長らしき人に説明しました。

GOTOトラベルの電子の方の地域クーポンで支払おうと思ったけど、使えないこと。

4日くらい前に使ったときはSMSでの本人認証など無かったのに、今日使おうと思ったらSMSでの本人確認が必要な仕様に変更されていたこと。

私のスマホにはデータ専用のsimしか搭載されておらず、SMSは使えないこと。

SMSとは電話番号宛に送る短いメールのようなものであること。

最近はデータ専用simを使っている人が若者中心に増えており、SMS必須に変更されると困る人が多いだろうこと。

店長と一緒にネットで調べたら

その場で私は「地域クーポン SMS」とネット検索しました。そして店長らしき人と一緒に見ました。

地域クーポン利用規定が変更されたこと、背景に地域クーポンの不正利用があったこと、不正利用は予約だけして無断キャンセルし、地域クーポン(電子)だけ使う手口であったこと、それを防ぐためにSMSでの本人確認を付け加えたこと、などが分かりました。

そして最後に「SMSが使えない人は地域クーポンの利用はできません」と書いてありました。



SMSが使えない人は地域クーポンの利用はできません

何という冷たい沙汰か。これは国家による詐欺ではないか。特典を明示して契約をし、契約後に特典の提供に条件をつけ特典を享受できない人が現れるのです。消費者センターに相談したらどうなるのでしょう。

しかし、私は読みながら不思議に思いました。booking.comでホテルを予約したとき、「GOTOトラベルの割引プランはすべてクレジットカードでの事前決済が必要です」と明記されていました。

クレジットカード決済なので不正などないはず

GOTOトラベルというのはそのような制度だと思っていました。だから予約だけして無断キャンセルしてもクレジットカードで引き落とされるのだから不正利用などないはずです。

私は店長らしき人にそれらのことも話しました。店長らしき人も責任者として知っておかなければならないと感じたのか、私の解説を熱心に聞いてくれました。

もう少しネットで調べたら、「るるぶ」という旅行代理店がクレジットカード決済も会員登録もなしでGOTOトラベルを売っていた事が分かりました。不正利用は「るるぶ」で予約した人に集中しているようなのです。



るるぶで予約した人にだけSMSによる本人確認をすればいいだろう

であれば、るるぶで予約した人にのみSMSの本人確認を課せばいいのではないでしょうか。

入力の必要項目には予約業者IDがあるのです。私のようにbooking.comで予約した人はすべてクレジットカードが押さえられているのですから不正などできません。

さてスーパーマーケットの支払いはどうするか

いずれにしても今回の支払いを解決しなければなりません。

地域クーポンが使えないからといってせっかく買った食料品などを返すのは面倒です。しかし地域クーポンを諦めるのも腹立たしいのです。



裏技で本人確認を切り抜けたが

私は店長らしき人に電話を使わせていただけないかとお願いしました。事情をすべて理解して私を信用してくれた彼は私に電話番号を教えてくれました。その電話番号を入力して、彼の電話に送られた4ケタの暗証番号を私のスマホ画面に入力してSMS本人確認をクリアしました。理解のある店長で良かったです。

そして金額を入れて2次元バーコードを読んで決済終了です。

裏技で解決はしたがモヤモヤは残る

でもまだモヤモヤした気分です。GOTOを利用しただけでも叩かれる風潮ですからここで何を言っても批判されるとは思いますが、政府のやっていることがあまりにもダサくてほんとうにあきれます。

もとSEの私から見て、システム設計が甘すぎます。いったいどこの会社がGOTOのシステム設計をやったのか公表してください。指を指して笑ってあげますから。



地域クーポンで困っている人が全国にいると思う

今回のトラブルは私だから解決できたようなものです。システムに詳しくない年寄りとか、説明の下手な若者とか、見た目が悪くて人から信用されづらい人なら泣き寝入りだと思います。やっぱり日本は紙クーポンでないとだめなのでしょうか。

日本のシステム化、デジタル化が世界で一番遅れている理由がわかるような気がします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*