一回履いたらすぐに底が剥がれる靴、押せばすぐ割れるレンゲ、露骨な粗悪品が増えてきた

かぶとたいぞうです。

買ったけどしばらく履いてなかった運動靴を出して履いてみました。

以前、バーゲンセールで安く売っていたので買っておいたのです。



履いた初日に靴底のゴムが剥がれてきた

履いた初日に片方の靴底のゴムが剥がれてきました。

靴底が剥がれた:kabutotai.net

出先だったので最寄りの店でボンドを買い、とりあえず靴底に貼り付けましたが、2日目にはもう片方の靴底のゴムも剥がれてきました。

いっそのことすべて剥がしてしっかり付けなおそうと思って剥いでみたら、靴底のゴムが簡単に剥がれます。濡れタオルでよく拭いてドライヤーで乾燥させてからしっかりボンドで付け直しました。

有名ショッピングモールで買った有名メーカーの運動靴

この運動靴は在庫一掃セールのバーゲン品でしたが、イオ●モールに入っていたスポーツ用品店で買ったものです。運動靴にはチェックマークのようなマークが入っています。☑です。

いくら在庫一掃セールのバーゲン品とはいえ、☑がまさかこんなに簡単に靴底が剥がれてくる粗悪品を作るでしょうか。有名アスリートも履く運動靴ですよ。信じられません。偽物でしょうか。

もっと信じられないのはイオ●がこんな粗悪品を扱うことです。イオ●も知っていたら扱わなかったと思います。

もう何も信じられないですね。



すぐに折れた瀬戸物のレンゲで大怪我をした

すぐ壊れると言えば、ダイ●ーで買った瀬戸物のレンゲもすぐに壊れました。「日本製」と書かれたシールが貼ってあったので信じたのです。

食材を潰そうと思い、レンゲでちょっと押しただけでした。すると瀬戸物のレンゲの持ち手が折れました。どういうはずみか、レンゲの切り立った断面が私の人差し指に刺さりました。人差し指の肉が深くえぐれて大量の血が出ました。レンゲの断面はゴツゴツした石の粒の塊でした。

安物買いの大怪我

100円で買ったもののおかげで大怪我をしてしまいました。「安物買いの銭失い」どころか「安物買いの大怪我」です。

もう二度と百均で物を買うまいと思いました。



昔は安くてもいいものがたくさんあった

昔は安くてもそこそこ使えるものがありました。安いものがすべて「安かろう悪かろう」ではなかったのです。

それがグローバル化によって国際競争が激化したせいか、最近は露骨な粗悪品が出回るようになってきました。

評価やレビューも信用できない

アマゾ●で評価やレビューが高かったから買ってみたら、まったく使えないというシロモノもありました。

ただ、アマゾ●は無料で返品できるからまだマシです。イオ●やダイ●ーはきっと一度使用したものの返品は受け付けないでしょう。泣き寝入りです。



露骨な粗悪品と露骨な騙し

いつからか、日本でも露骨な粗悪品、露骨な騙しが増えてきました。

どういうカラクリか、中国で作った物を最終工程だけ日本でやって「日本製」と表示している物があるようです。

アマゾ●の評価やコメントはサクラが多いようです。

安いものすべてを疑わなければならない

「安いもの」「今だけ」「お得」「キャンペーン」はすべて疑わなければなりません。詐欺的手法も横行しています。

節約しながら老後生活をおくる身には辛いです。本当は安くて良いものに出会いたいのですが、常に用心して品定めしなければならない世の中になりました。



耐久性や機能性を求めるものは高くても信用できるメーカーの物を

耐久性や機能性を求めるものは、高くても最初から信用できるメーカーの物を選びます。

口に入るもの、電気製品など事故や火事の恐れのあるもの、怪我をする恐れのあるものは決して安いものを選ばないようにします。

もう100均で買えるものはほとんどありません。

「お得」は「損」だと決めつけてかからなければならない世の中になりました。

日本も落ちたものです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*