イナダ(小型ハマチ)1匹98円、北海道の地元スーパー恐るべし

かぶとたいぞうです。

昨日、散歩かたがた近所にある札幌市北区の地元スーパーに行ったら、中型のイナダがなんと1匹98円で売ってました。

イナダ98円!:kabutotai.net

大きさが分かるように私の指も一緒に写しました。



鮮度抜群のイナダが1匹98円

目が黒ぐろとした鮮度抜群のイナダです。刺し身にもできそうですが、店側はトラブルに関わりたくないのか「焼き魚、煮魚におすすめです」とわざわざポップを付けていました。

食中毒よりアニサキスを心配しているのでしょう。夏の新鮮なブリ類にはアニサキスが多いのです。特に今年は北海道の海水温は高いようです。

イナダはブリの出世魚

ご存知のようにイナダはブリの出世魚です。地方によって呼び名が変わります。北海道では一定のルールはありませんが、比較的小さいものをフクラギとかイナダと呼び、大きいものはハマチ、そして一番大きく脂のうんと乗ったものをブリと呼びます。

この大きさのイナダが北海道ではいつも98円で売っているというわけではありません。いわゆる「出もの」です。



北海道では時々驚くほど安い魚が売りに出る

北海道では時々こんな魚が出回るのです。特にブリ系は水温が高くなった年に異常発生します。磯釣りをしていてもハマチが釣れるのです。

きっとこの地元スーパーは、捕れ過ぎたイナダを安く大量に仕入れたのでしょう。

やっぱり北海道は魚の宝庫です。

98円のイナダは、かぶとたいぞうによってたちまち料理された

98円で買ったイナダは私によってたちまち解体されました。さすが新鮮なイナダです。内蔵にもエラにも血合いにも、匂いが全くありませんでした。

イナダ98円!:kabutotai.net

身の部分はきれいに切って切り身にされ、ラップに包んで冷凍保存。

カブトとアラは煮付けにされました。我ながら美味しかったです。

イナダ98円!:kabutotai.net

切り身は後日刺し身にしようかと思っていますが、店のおすすめ通り焼き魚でもいいかなと思っています。



98円で約5〜6食分の魚料理を得た

煮付けと切り身で約5〜6食分はとれました。98円ですよ。

散歩が好きで、魚を見る目があって、料理ができて、時間があれば、こんなラッキーなこともあるのです。

すごく得した気分です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*