【米国株】無配になったラスベガス・サンズ(LVS)の株を60%売却した

かぶとたいぞうです。

昨夜の米国市場は全体的に値を下げましたが、ラスベガス・サンズはどういう訳か値が上がりました。私は売却のチャンスだと思い、持ち株の60%を1株53ドルで売却しました。



ラスベガス・サンズ、持ち株の60%を1株53ドルで売却

どうして全部売らなかったか。実は持ち株の60%は非NISAで残り40%はNISAだったのです。口座が別々なので一緒に売ることができません。そこで売値に差をつけて2口の売り注文を出しておきました。そして結果的に53ドルで売り出した非NISAの分だけ売れて、もう少し高値で売り出したNISAの分は売れ残ったのです。

NISAの分は欲を出して売り逃した

NISAの分は少し売却益が出ても無税になるので、もうちょっと高い値で売り出したのです。

これが吉と出るか凶と出るかは結果次第です。

思い通り今後ラスベガス・サンズの値が上がり、設定した値段で売れれば結果オーライです。しかし株価が下がって売り時を逃したとなれば「欲を出して失敗した」と後悔するかもしれません。

こればっかりはどうなるか分かりません。



ラスベガス・サンズを売った理由

ラスベガス・サンズはコロナの影響で業績が悪化し、配当を当面出さないと宣言しました。

その時点で私はラスベガス・サンズの全株を売却することに決めました。私は配当狙いの超長期投資家です。配当を出さない会社の株は要らないのです。

【関連性の高い記事】

ラスベガス・サンズは安く買ったので売却損は出ていない

さいわいラスベガス・サンズの株は平均50ドル程度で買っていますから、50ドル以上で売れば損は出ません。だからいっぺんに全部売っても良かったのです。

しかしどういう訳か少しずつ株価が上がってきているので、ついついスケベ心が出てきてしまうのです。



業績はぱっとしないのに株価は上がるラスベガス・サンズ

本拠地である米国のラスベガスではカジノホテルを再開するもぱっとせず、期待を寄せていたマカオもイマイチ客が入らないようです。それなのに最近のラスベガス・サンズは不思議な値動きです。

よく分かりませんが、どうもヘッジファンドが動いているようです。

買う人がいるということはチャンスがあるのだと思うが

株価が上がるというのはチャンスを見出して買う人がいるからなのですが、私はその動きに乗じて売り逃げたいと思っております。

ラスベガス・サンズ:kabutotai.net

ラスベガス・サンズに見込みが無いからではありません。ただ単に配当を出さないからです



いくら成長が見込める会社でも、配当を出さない株は要らない

いくら成長が見込める会社でも、いくら株価が上がりそうな会社でも、私は配当を出さない会社の株には興味はありません。

私がアマゾンとかグーグルの株を買わないのと同じ理由です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*