2020年タイでとったバイク免許を日本の免許に外免切り替え2日目:技能の確認1

かぶとたいぞうです。

昨年末にタイでとったバイクの免許を日本の免許に切り替え(外免切り替え)しようと試みております。

バイク:kabutotai.net

前回の書類審査から1ヶ月以上も経過して、今日ようやく2日目「技能の確認」の日がやってきました。

【関連性の高い記事】



外国免許の切り替え(外免切り替え)の「技術の確認」と言っても、やることは一発試験とほぼ同じ

「確認」と言っても、自動二輪の一発試験と同じコースを周り審査を受けます。私はどうせ125cc以下の小型しか乗りませんから、小型のオートマチックで申請しました。審査項目は「屈折」「一本橋」「一時停止」「S字」の4項目です。一発試験より審査項目は少ないですが審査の厳しさは同じだと思います。

服装も指定された

服装も指定されました。ヘルメットは持参で、くるぶしの隠れる靴と手袋(軍手でも可)が必要です。肌が露出するような服装は駄目なので、長ズボンをはき、ウィンドブレーカーを持ちました。



事前にもらったコース図は分かりづらい

1日目の書類審査の際、コース図をもらいましたがイマイチ分かりません。どこがスタートでどこがゴールなのか書いていませんが、とにかくコースは覚えました。

yutubeを探してみると自動二輪の一発試験の動画がいくつかあったので、それを見て参考にさせてもらいました。

安全確認さえしっかりやれば受かるだろう

おそらく左右の確認など安全確認が一番重要なのだろうと思います。あとは普通通り運転すれば受かるのだろうと思っておりますが、果たしてどの程度厳しい「確認」なのか。こればかりはやってみなければ分かりません。少しドキドキします。



15分前に窓口へ

「技能の確認」は13:00からで、12:45までに集合するよう言われています。少し早めに行ってコースを見ながらイメージトレーニングをしたいと思います。

これから家を出て札幌市手稲稲穂にある運転免許試験場に向かいます。今日は時系列に沿って書いてゆくことにします。

★★★

運転免許試験場には早めに到着し、イメージトレーニング

少し早めに試験場に到着し、コースを見ながらイメージトレーニングを重ねました。12:45になり手続きを済ますと、名前を呼ばれるまで待てと言われました。

13:30を過ぎても名前が呼ばれないので聞きに行くと、「順番ですから」と意味の分かりづらい回答。まぁ、待てばいいのだろうと待っていると13:45くらいになってようやく呼ばれ、コースの説明を受けてすぐにコースへ。



受験者は私一人だった

受験者は私一人でした。

しばらくバイクにまたがっていないので「慣らし運転はできますか」と聞くと、できないとの答え。

いきなりぶっつけ本番でコースを回りました。

いきなり本番で体がフラついた

バイクを発進させた直後、体がバイクに慣れていないのでけっこうフラつきました。しかし徐々になれ、「屈折」「一本橋」「一時停止」「S字」の4項目を難なくクリア。信号のある交差点や外側の外周もまわり、出発地点まで戻ってゴールしました。安全確認も完璧だったので合格だろうと思っていました。



まさかの不合格

結果はまさかの不合格。

理由は「最初かなりフラついたから」。

だから慣らし運転をさせてもらったのですが、「次回は練習して体にバイクを慣らしてから受験してください」と言われました。

がっかりです。外国免許の切り替えはぜんぜん簡単ではありませんでした。

次回への対策

免許が取れてからバイクを買おうと思っていましたが、先にバイクを買って公道以外で少し体を慣らしてから次回の「技能の確認」を受験しようと思います。次回は9月下旬です。



それでもだめなら教習所

次回も落ちたら8万円払って教習所で免許を取ります。

なんか罠にハマったみたいで嫌ですが。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*