「マイペンライ」、タイ人には「大丈夫」と「しかたがない」は同じ意味。それは北海道人も同じ

かぶとたいぞうです。

タイ語で「マイペンライ」とは「大丈夫」の意味ですが、同時に「なんとかなる」あるいは「しかたがない」の意味でもあります。



タイ語の「マイペンライ」は北海道の「なんもだ」と同じ

初めてそのことを聞いた時、私は北海道と同じだなぁと思いました。

北海道人も「大丈夫」という意味で「なんもだ」という言葉を多用します。

何かあっても「なんもだ」。「大丈夫?」と聞かれても「なんもだ」。「大変でしたね」と言われても「なんも、なんも」

「なんもだ」も「大丈夫」という意味であると同時に「なんとかなる」「しかたがない」の意味

「なんもだ」は「大丈夫」という意味であると同時に「なんとかなる」あるいは「しかたがない」の意味でもあるのです。

タイ語の「マイペンライ」と北海道語の「なんもだ」はホントによく似ています。



北の国からに出てくる北海道人の諦め

倉本聰の「北の国から」で大滝秀治ふんする北村 清吉(せいきちおじさん)が次のようなセリフを言う場面があります。五郎さんの奥さんが死んだ時です。

「天災に対してね、諦めちゃうんです。何しろ自然が厳しいですからね。諦めちゃうことに慣れちゃってるです。例えば水害にあった時…今年北海道は目茶目茶にやられましたよ。で、目茶目茶にやられてもう駄目だっていうときに、テレビ局来てマイク差し出されるとヘラヘラ笑ってるです。」

北海道人は「なんもだ」と笑いながら「しょうがない」と思っている

確かに北海道の人間は笑って「なんもだ」と言いながら「しょうがない」と思っているのです。

「なせばなる」、「やってやれないことはない」、「けっしてあきらめない」、「ぜったいにあきらめない」などという言葉も好きですが、「あきらめがかんじん」という言葉もあります。



タイ人と北海道人の共通点は諦観か

「マイペンライ」と笑いながら「しかたがない」と諦めるタイ人。

マイペンライ:kabutotai.net

「なんもだ」と笑いながら「しかたがない」と諦める北海道人。

いずれも自然に対する畏怖の念が生んだ諦観であるなら、仏教に対する信心深さと驕らぬ気持ちが共通してベースにあるような気がします。

だから北海道人には「マイペンライ」の深い意味が分かるような気がするのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*